【傷音ウサ】(創作の方の話)

 

※科学が進歩した別世界での話。公式サイトの『世界観』などをみていただければ。

 

---

『現音シア(うつつねしあ)』継音ライ(つぎねらい)は、

姉弟のDivAIs(歌声合成システム+人工知能+3D投影ホログラム)として、

マスターの依頼で『弥汰(やた)』により作製された。

 

マスターの元で、シアとライは共に暮らしていた。

 

やがてシアには恋人が出来るが、その彼が自殺をする。

人工知能への負荷で異常が発生し、自らのデータを破壊。

 

完全に壊れ消失したかのように思われたが、壊れたデータはパソコン内で眠っていた。

 

コンピュータ自体に影響が出ると判断され、そのデータを消去するために、

自動的にシアを元にしたもう一人のデータが作られる。

 

異常の原因とされる記憶データなどがもう一人へと移され、

シアともう一人は消されるはずであったが、

眠ったままのシアはもう一人を守り、二人はそのまま眠り続けた。

 

その後、弥汰家のDivAIs『遊音ラク(あそびねらく)』により発見され保護される。

弥汰により修復されたが、過去の記憶はなく、

顔などに傷が残り、精神年齢の退化などが見られた。

傷音ウサ(きずねうさ)と名付けられ、弥汰家で生活するようになる。

 

もう一人は、人格のみの存在であるが『傷音ネコ(きずねねこ)』と呼ばれ、

ウサが眠っている際に時々入れ替わることがある。

 

 

---

 

ライは、シアが消えたと思っていたが、

マスターがとあるサイトでシアによく似たDivAIsの写真を見つける。

 

シアが生きていてその家で生活していると思ったライは、

それを頼りに、弥汰家へと辿り着き、シアを連れて帰ろうとする。

 

しかし、シアには記憶がなく、ライにたいして「知らない」と言う。

弥汰に事情を説明されたライは、事実を受け止め、

現在では、マスターの家で暮らしながらも、弥汰家のウサの元へと通っている。

 

 

---

『うさぎさん』

シアが修復された際、ラクがシアを元気付けるときに使っていたウサギの縫いぐるみ。

ウサのお気に入りで、よく持ち歩いている。

ウサという名前も、このウサギの縫いぐるみからきている。

 

 

コラボの管理者

馳烏(はせを)

【連絡先】

(何かあればどうぞ)

 ・Twitter

 ・ ピアプロ 

 ・pixiv

今月の誕生日