可不歌フォン -Phon Kafka-

【データ】

名前:可不歌フォン(カフカ フォン)
英語表記:Phon Kafka
由来:カフカ→可否茶館(日本初の喫茶)→可不。
   カフェ(カフェイン)→カフ。
   チェコ語でコクマルガラス。
   マスターをしている喫茶店名『Kafka』から。
   Phonograph(蓄音機)→Phon→フォン。
   クローン元の男性『Oliver・Von・Heideroseburg』

     (オリヴィエ・フォン・ハイデローゼブルク)から。

 

性別:男
年齢:25歳(実年齢は50くらい)
身長:180㎝
体重:56~64kg程度
体格:細く中性的

 

色 :セピア色
好き:ゆったりした時間・コーヒー・紅茶・音楽・マスター
一人称:私(僕)
二人称:○○さん・貴方・お客様
口癖:「ふふっ」「~ですね」「私に出来ることであれば」
口調:丁寧、敬語、ですます調など(堅苦しくはない)
声 :落ち着いた声・癒し系

 

性格:落ち着いていて優しい。裏表はない。
種族:リアルボディ創作VOCALOID
出身:EU街UK
現住所:EU街 DE Musikerburg Spieldosegasse 24 
収入源:カフェ経営と身売り

誕生日:10月3日(ケイジに引取られた日)


過去:

 EU街の貴族の令嬢『Stella・Lavinia』(ステラ・ラウィーニア)のために作られたオーダーメイドの旧式高級男声リアルボディ。

 亡くなった使用人のクローンをもとに様々な機械を入れている。

 感情制御も行われ、大人しく従順な性格であり、他人のための自己犠牲は厭わない。

 死に対する恐怖が強く他人も自分も殺すことは出来ない。

 パイプカットにより生殖機能は失われている。

 また、高性能AIを積んでおり学習・記憶能力が極端に高い。

 

 屋敷では、亡くなった使用人として令嬢の身の回りの世話をしていた。

 しかし、左目が濁り両親の手により闇市に売られた。闇市では奴隷として扱わる。

 そこでなった性依存症はいまだに治っていない。

 様々な人の手に渡り、闇市閉鎖後、闇市反対団体に所属していた『ケイジ(K-di)』に発見され孤児院に保護される。

 

 その後は、ケイジを新しい主人と思い込み、役に立とうとする。

 里親が決まらず、元闇市商人から守るためにも養子という名目で、ケイジの経営するカフェに引取られた。

 ケイジが死亡するまでの20年間共に暮らし、互いに好意を寄せていたが、立場の差などから告白は断っていた。

 

 ケイジの死後はカフェを継いでマスターをしている。

 現在はケイジの部屋で見つけた自分宛ての婚約指輪を付けている。
 また、カフェで知り合った『馳烏弥汰(はせお やた)』の家に居候しており、カフェと馳烏家を行き来している。

[利用範囲]

 ・エロ:制限なし

 ・グロ:制限なし

 ・その他は利用規約にしたがってください

ピアプロ:http://piapro.jp/t/559B

 


【UTAU】

  中の人:蒼磁古書店様 …piaproTwitter

 

・単独音 … 作成中

【小説】

 

  ・『108本のバラ

 

 ケイジ’(マスター)

  ・『一回目の告白

  ・『1/365の謝罪

  ・『Engage

 

 ルスト=ヘルツ・ネーヴェル

  ・『再会』

 

 馳烏弥汰

  ・『独り言の相手』

 

 灯音フミ、(ステラ・ラウィーニア)

  ・『ブローチと手紙


可不歌フォン 立ち絵DL
可不歌フォン .png
PNGファイル 620.6 KB

[落書き]

[閲覧注意(BL、R-16等)]

 

コラボの管理者

馳烏(はせを)

【連絡先】

(何かあればどうぞ)

 ・Twitter

 ・ ピアプロ 

 ・pixiv

今月の誕生日