【ヨーゼフ・ニーマンド】 

 

 

偽名:Josef・niemand(ヨーゼフ・ニーマンド)

   T4・Y(ティーフォー・ワイ)

   堅州(カタス)

 

本名:不明(覚えていない)

出身:不明(覚えていない)

言語:共通語、特殊言語

種族:人間(現在は不明)

性別:男性

年齢:不明(覚えていない)

身長:186cm

体格:ある程度筋肉質

頭脳:一部天才的・精神面に異常あり

誕生日:不明(覚えていない)

一人称:お兄さん・おれ

二人称:きみ

好き:双子(かわいいモルモットたち)

嫌い:わからない

仕事:迷い込んで来た人間の子供を帰す/その他は確保/実験

見た目:無精髭の近所にいそうなおっさん/黒い作業着とよれた白いTシャツ/焦げ茶の短髪/茶色と青のオッドアイ

「どこからきた。何でこんなとこに来たんだ」

 

「そんなに慌てるな。管轄外に行っちまったら帰せなくなる」

 

「駅は玄関だ。開いていても勝手に出入りしちゃならない」

 

「よく似ていても、違うモンは違うんだよ」

 

「戻りたいなら自分の足で帰んな。デンシャは駄目だ。あいつは勝手に行き先を変えやがる」

 

「あのさ…もう今月何人目だと思ってんの。そりゃお兄さんだって仕事だからやることはやるけどさ、もうとっくにノルマ達成してるんだよな」

 

「おっさんって…案内しといてもらって失礼だな、きみは」

 

「人間ってのはこの世界では頂点にいないの。だから、迷い込んできた野良犬みたいなもんなんだよ。」

 

「おれはもう、そっちには戻れねぇんだ」

 

「おにいさんは、あいつらの飼い犬だからな」

 

「そりゃ、知ってるさ。おれもきみと一緒で迷子だったからな。でも、きみはまだ帰る場所が分かるだろ」

 

「腹が減っても、ここのもんは食うな。食事ってやつは自身を作るものだ」

「かくいう俺も、それで帰れなくなったんだけどな」

 

「むこうの菓子か …懐かしい味だ」

 

 

「きみはいつから来た。…あぁ、大分ずれちまってるんだな」

 

「ここに来たいなんて思うんじゃないぞ。もう一度ここに来ても、おれにはきみが分からないかもしれない。それにきみだって、おれを忘れるだろ」

 

「名前…あぁ、おれのか? なんだったかね。ずっと前に忘れちまった。今はヨーゼフと呼ばれることが多いが、後は数字で呼ばれるよ」

 

「時空管理とかしてると思ってるのか?まさか…よく言っても放牧犬だよ。迷い込んでくるやつを捕まえたり、正しい場所に戻したり。まぁ、ノルマ達成できなきゃ汚れ仕事に回されるけどな」

 

「もう人間として生きていける身体じゃないんだ。きみの世界に行ったらすぐ死ぬさ」

 

「せっかくお兄さんが返しても、なぜか帰ってきちゃうやつらが多いんだよ。こっちの空気が合うのかね」

 

「怖かったか。大丈夫。たぶん帰せる」

 

「帰ったら病院にいきな」

 

「悪いことをした子は、怖い鬼に脚をちょん切られるんだぞ。おにいさんみたいにな」

 

「ここにあるものは全部偽物だと思え。お前にとっての本当の世界はこっちじゃない」

 

「ここのものを持っていくな。全部置いてけ。ここのやつらはそういうことに煩いからな。すぐ取り戻そうとする。帰したことが無駄になっちまう」

 

「他の奴らときみの言語は違う。何を言っても無駄だ。鳴き声にしか聞こえない」

 

「もう、覚えてねぇもん。仕方ないんだ、お兄さんはここで死ぬまで生きる」

 

「もどしてはやれねぇけど、ここよりはいいところだ」

 

 

 

  

『時空のおっさん』

人間。迷い込んでしまい、あちらの世界の食べ物を食べて帰れなくなり、捕獲されそのまま暮らすはめになった。昔のことをほとんど覚えていない(人体実験の生き残り)。子どもには優しい。迷い込んできた子どもを帰す、迷い込んできた人間を捕まえる仕事をしている(させられている)。ノルマを達成しないと人体実験(主にする方)に回される。

大人には容赦がない。双子は捕獲。

片脚義足。

 

双子を可愛がる半面、人体実験を行う。

 

[利用範囲]

 ・エロ:R18まで

 ・グロ:R18まで

 ・その他は利用規約にしたがってください

 

コラボの管理者

馳烏(はせを)

【連絡先】

(何かあればどうぞ)

 ・Twitter

 ・ ピアプロ 

 ・pixiv

今月の誕生日